自動体外式除細動器(AED)の普及が及ぼした影響について検討した大阪大学大学院医学系研究科・大学院の北村哲久氏らは、日本では公共の場に設置されたAEDが増加すると共に、心室細動による院外心停止者の神経学的転帰良好な状態での生存が増えていたと報告した。結果は、NEJM誌2016年10月27日号に掲載された。

AEDの普及は院外心停止者の予後を改善したの画像

ログインして全文を読む