癌検診の目的は、その癌による死亡を減らすことにある。マンモグラフィーを用いた乳癌検診の有用性を一般女性のデータを用いて分析した米国National Cancer InstituteのH. Gilbert Welch氏らは、腫瘍の大きさを指標にスクリーニングの利益を評価すると、マンモグラフィーの効果は小さく、過剰診断を増やしている可能性があると報告した。結果は、NEJM誌2016年10月13日号に掲載された。

マンモグラフィーはスクリーニングに有効か?の画像

ログインして全文を読む