豪州Westmead Institute for Medical ResearchのAnthony L. Cunningham氏らは、アジュバント添加帯状疱疹サブユニットワクチンHZ/suを70歳以上の高齢者に投与するフェーズ3試験ZOE-70を行い、プラセボと比較して有意に帯状疱疹と合併症である帯状疱疹後神経痛の発症を抑えることを報告した。詳細は、NEJM誌2016年9月15日号に掲載された。

帯状疱疹と疱疹後神経痛を減らす新ワクチンの画像

ログインして全文を読む