日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
新規配合剤、C型肝炎の全ての遺伝子型に有効
ソホスブビルとベルパタスビルの配合剤がジェノタイプ1~6のC型肝炎に著効、ASTRAL試験より

 C型肝炎治療をよりシンプルにするためには、患者特性を問わずに使用できる薬剤の登場が待たれる。NEJM誌電子版には2015年11月16日と17日の2日間にわたり、C型肝炎治療用の新規配合剤に関する3報の論文が掲載。この新規配合剤が、ジェノタイプによらず著効することが示された。

この記事を読んでいる人におすすめ