日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
DNA修復酵素の変異がオラパリブのマーカーに
転移性去勢抵抗性前立腺癌患者を対象としたTOPARP-A試験で確認

 BRCA遺伝子変異陽性の進行卵巣癌治療薬として海外で承認されている、ポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬のオラパリブ(olaparib)が、特定の遺伝子変異を持つ進行前立腺癌にも奏効することが分かった。

この記事を読んでいる人におすすめ