日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
TAS-102、転移性大腸癌患者の生存期間を延長
日本人患者も参加したフェーズ3試験「RECOURSE」が論文化、プラセボ群より生存期間が2カ月延長

 2014年5月に世界に先駆けて日本で発売された、進行・再発大腸癌の経口治療薬トリフルリジン・チピラシル(商品名ロンサーフ、開発コードTAS-102)のフェーズ3試験RECOURSEの最終結果が、米Dana-Farber癌研究所のRobert J. Mayer氏らによりNEJM誌2015年5月14日号に報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ