日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
エボラウイルス、血中から消失後も眼房水に残存
退院後に急性ぶどう膜炎を発症、エボラウイルス病の晩期合併症か

 米国人のEVD罹患者で回復期に生じた、片側性で重症の急性ぶどう膜炎に関する臨床経過が報告された。この患者では、EVD発症から14週目、血中のウイルスが消失してから9週目の時点で、眼房水にザイールエボラウイルス(EBOV)が検出された。

この記事を読んでいる人におすすめ