日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
皮膚MRSA感染症治療でCLDMとST合剤は同等
市中獲得型MRSA流行地での治療効果と安全性は同等、米の多施設試験で判明

 米国では、皮膚感染症の起因菌としてメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が分離される症例が増えている。市中獲得型MRSAへの使用が推奨されている2剤、すなわちクリンダマイシン(CLDM)とトリメトロプリム・スルファメトキサゾール配合剤(ST合剤)を比較した二重盲検ランダム化試験で、両剤の有効性、安全性は同等であることが確認された。

この記事を読んでいる人におすすめ