日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
苺状血管腫の治療にプロプラノロールが有用
6割でほぼ完全に消失、プラセボ対照の大規模試験で確認

 プラセボ対照試験に基づくエビデンスがないまま、苺状血管腫(乳児血管腫)に対する適用が拡大していた非選択的βアドレナリン受容体遮断薬のプロプラノロール(商品名インデラル他)。その有用性が、フランスなど16カ国で行われたプラセボ対照ランダム化比較試験で実証された。

この記事を読んでいる人におすすめ