日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
抗HER2抗体ペルツズマブ、生存期間を大幅延長
HER2陽性転移性乳癌患者が対象のCLEOPATRA試験で、標準治療への追加によりOSが16カ月延長

 HER2陽性の転移性乳癌患者に対する初回(ファーストライン)の化学療法として、ドセタキセル(商品名タキソテール、ワンタキソテール他)とトラスツズマブ(ハーセプチン)の2剤にペルツズマブ(パージェタ)を加えた3剤併用療法を行うと、前2剤の併用療法より全生存期間(OS)が16カ月延長することが、CLEOPATRA試験から明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ