日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
駆出率低下の心不全に新規薬剤が効果
アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬が有効、RCTの結果

 駆出率が低下している心不全患者に対して、ネプリライシン阻害薬sacubitril(AHU377)とARBであるバルサルタンの機能部位を組み合わせた、アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNIs)LCZ696が、ACE阻害薬エナラプリルより有効であることが二重盲検のランダム化比較試験(RCT)PARADIGM-HFの結果として示された。英国Glasgow大学のJohn J.V. McMurray氏らが、NEJM誌電子版に2014年8月30日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ