日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
限局性前立腺癌の全摘と放射線治療で15年後の排泄機能と性機能に有意差なし
ただし2年後と5年後の排尿障害、勃起障害は全摘で有意に高い

 限局性前立腺癌根治的前立腺全摘除術を受けた患者と放射線治療を受けた患者を長期にわたって追跡した研究で、治療から15年後の時点では、排尿、排便、性機能いずれの機能についても有意な差は見られないことが分かった。ただし、2年後と5年後の時点では、排尿障害勃起障害は全摘で、排便障害は放射線治療でそれぞれ有意に高かった。米Vanderbilt大学のMatthew J. Resnick氏らが、NEJM誌2013年1月31日号に報告した。

 限局性前立腺癌の長期的な転帰は良好で、どの種類の治療を選んでも、前立腺癌死亡リスクは低い。治療の選択においては、長期的なQOLを左右する機能にどのような差が生じるかを知ることが重要だ。前立腺癌治療後の患者の生存期間の中央値は13.8年と報告されており、その間の排泄機能や性機能の状態が治療によってどのように異なるかを示す情報は有用となる。

 著者らは、地域住民を対象としたコホート研究であるPCOS試験(The Prostate Cancer Outcomes Study)の登録患者を追跡した。この試験は、1994~95年に前立腺癌と診断された男性を登録したもので、分析対象になったのは、55~74歳で限局性前立腺癌と診断され、診断後1年以内に根治的前立腺全摘除術または放射線治療を受け、治療から2年後または5年後の評価を受けていた1655人。このうち1164人(診断時の年齢中央値は64歳)が全摘を、491人(同69歳)が放射線治療を受けていた。

 排尿、排便、性機能の評価は、診断前の状態の患者聞き取り調査をベースラインとし、治療から2年後、5年後、15年後に行った。治療群間の機能の比較には、傾向スコアを用いた多変量解析モデルを用いた。

 15年後の時点で、全摘群の322人(27.7%)と放射線治療群の247人(50.3%)が死亡していた。

 2年後の時点では、「尿失禁がしばしばある」と答えた患者は放射線治療群に比べて全摘群で多かった(3.2%と9.6%、オッズ比6.22、95%信頼区間1.92-20.29)。5年後の時点でも尿失禁は全摘群で多かった(4.4%と13.4%、オッズ比5.10、2.29-11.36)。しかし、15年後の時点では、オッズ比に有意差はなかった(9.4%と18.3%、オッズ比2.34、0.88-6.23)。

この記事を読んでいる人におすすめ