日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
10代の2型糖尿病、メトホルミン単剤では半数が管理不良
診断から2年未満の約700人を対象としたTODAY試験の結果

 10~17歳の2型糖尿病患者を登録した無作為化試験で、メトホルミン単剤よりメトホルミンとロシグリタゾンを併用した方が血糖管理は良好であることが明らかになった。米Colorado大学Dnver校のPhil Zeitler氏らが、NEJM誌電子版に2012年4月29日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ