日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
喘息患者の自己評価による症状改善は信用できない
1秒量の結果と異なり、自己評価はプラセボでも大きく改善

 喘息治療では、主観的な症状改善度においてプラセボ(偽薬)効果が非常に大きいことが、米Harvard大学医学部のMichael E. Wechsler氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、NEJM誌2011年7月14日号に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ