日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
やはり妊婦は新型インフルエンザによる重症化リスクが高い
抗ウイルス薬投与が遅れた妊婦の死亡リスクは4.3倍

 妊婦新型インフルエンザ2009 H1N1)に感染すると、重症化しやすいと考えられている。米カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH)のJanice K. Louie氏らは、2009年8月上旬までに同州で報告された、2009 H1N1感染により入院または死亡した妊婦と出産直後の女性、生殖年齢の非妊婦について、臨床経過と患者特性を分析した。この結果、妊婦に対しては、インフルエンザ感染が疑われた時点で、迅速検査の結果にかかわらず治療開始を検討すべきであることが示された。詳細は、NEJM誌電子版に2009年12月23日に報告された。

 CDPHは先に、同州内全域で2009 H1N1感染により入院または死亡した患者の情報を分析して、それらの10%を妊婦が占めていたと報告している(関連記事はこちら)。今回は、同じ登録情報の中から、それら妊婦と出産2週間以内の女性、さらに生殖年齢の非妊婦の人口統計学的データと臨床データを抽出し、臨床経過や患者特性を比較分析した。

 生殖年齢(15~44歳)の女性(非妊婦、妊婦、産後2週以下の女性)で、2009 H1N1またはA型インフルエンザに感染していることがリアルタイムPCRで確認された患者で、24時間以上入院、または死亡した患者を分析対象とした。死亡例については、2009 H1N1感染が確定されており、医療記録または死亡診断書にH1N1感染が死に関与したとの記述がある症例に限定した。

 09年4月23日から8月11日までに、239人が2009 H1N1により入院または死亡したと報告された。内訳は、妊婦が94人、出産後の2週以内の女性が8人、非妊婦は137人。妊婦94人中5人(5%)が妊娠初期、25人(37%)が妊娠中期、54人(57%)が妊娠後期に発症していた。

 基礎疾患を有していたのは、情報が得られた93人の妊婦のうち32人(34%)、出産後の8人中2人(25%)、非妊婦137人中82人(60%)。最も多かったのは喘息で、妊婦の16%、非妊婦の28%が喘息患者だった。

 インフルエンザの症状で妊婦に多く見られたのは、咳(93%)、発熱(91%)、咽頭痛(41%)、息切れ(41%)、筋痛(41%)、悪心または嘔吐(33%)など。妊婦に比べ非妊婦で有意に多かったのは、息切れと筋痛、下痢など。

 妊婦のうち61人が胸部X線撮影または胸部CT検査を受けていた。36人(59%)に肺炎または急性呼吸窮迫症候群を示唆する所見が認められた。この割合は非妊婦でも同様だった(125人中78人、62%)。

この記事を読んでいる人におすすめ