日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
ダイエットの種類は減量の成否に影響しない
3大栄養素の摂取割合よりも総熱量の制限が重要

 近年、低炭水化物/高たんぱく質食、地中海ダイエットなど、様々な食事療法の有効性が検討されている。しかし、米国Harvard公衆衛生大学院のFrank M. Sacks氏らが行った2年間の無作為化試験の結果、食事を構成する3大栄養素の割合がどうであれ、摂取熱量が同じであれば減量効果は同じであり、心血管危険因子や糖尿病危険因子の改善レベルにも差はないことが明らかになった。詳細は、NEJM誌2009年2月26日号に報告された。

 これまで、低炭水化物/高たんぱく質食、高炭水化物/低脂肪食、超高炭水化物/超低脂肪ベジタリアン食や地中海ダイエットなど、様々な食事療法の有効性が比較されてきた。しかし、過体重肥満の成人の減量において、どれが最も有効な食事療法なのかは明らかではなかった。

 また、こうした食事療法を比較した試験で継続期間が1年を超えた研究はほとんどなかった。通常、減量の効果は食事療法開始から6~12カ月で最大になり、その後、体重は緩やかに上昇する。したがって、1年を超えて効果を比較する必要があると著者らは考えた。

 そこでSacks氏らは、3大栄養素、すなわち、脂質、たんぱく質、炭水化物のいずれかに焦点を当てた食事療法の効果を比較する大規模かつ長期的な研究を行うことにした。対象は、年齢、所得、居住地域などは異なるが、体重を減らしたいと熱望する人々、とした。

 2004年10月から07年12月にHarvard大学公衆衛生大学院/Brigham and Women's HospitalとLouisiana州立大学システムのPennington Biomedical Research Centerで、BMIが25~40の30~70歳の男女を登録した。

 811人(51±9歳、男性が36%)の過体重または肥満の成人を4等分し、無作為に以下の食事療法のいずれかに割り付けた:脂質、たんぱく質、炭水化物に由来するエネルギーの摂取比率がそれぞれ20%、15%、65%(低脂肪/標準たんぱく食)、20%、25%、55%(低脂肪/高たんぱく食)、40%、15%、45%(高脂肪/標準たんぱく食)、40%、25%、35%(高脂肪/高たんぱく食)。

 参加者とそれらの人々を担当する医療者については盲検を維持した。

 3大栄養素以外の摂取量については、米心臓協会(AHA)栄養委員会の食事とライフスタイルに関する勧告(2006年改訂版)に従い、飽和脂肪は8%未満、食物繊維は20g/日以上、コレステロール摂取は1000kcal当たり150mgなどを目標とした。

 1日の摂取熱量は、本人の安静時エネルギー消費量と身体活動レベルに基づいて計算したベースラインの必要量より750kcal低い値に設定。含まれる食品の種類はどのグループも同じになるよう調整し、推奨される献立を2週間に1回患者に配布した。

 参加者は2年間、構造化されたセッションを受けた。グループセッションは、当初6カ月間に18回、ほぼ定期的に行った。6カ月以降2年目までは2週間に1回の頻度で実施した。個人セッションは8週おきに実施。

 参加者にはウェブベースの食事記録をつけるよう依頼した。使用された食事記録ソフトは、割り付けられた食事内容になっているかどうかを参加者本人が確認できるようになっていた。

 なお、身体活動の目標も設定。中等度の運動を1週間に90分行うことを推奨した。

 体重と腹囲はベースラインと6カ月後、12カ月後、18カ月後、2年後に測定。また、ベースライン、6カ月後、2年後に、満腹感、空腹感、食行動、食事に対する満足度などを質問票を用いて調べた。同様のタイミングで、血液標本も採取した。

 主要アウトカム評価指標は、2年後の体重変化とし、分析はintention-to-treatで行った。途中で脱落した参加者については、12カ月以降の体重増加は0.3kg/月などの推定を用いて不足しているデータを補完した。

 低脂肪食と高脂肪食、標準たんぱく質摂取食と高たんぱく食については2×2 factorial designで比較。炭水化物の摂取量が最高(65%)のグループと最低(35%)のグループの比較も行った。

この記事を読んでいる人におすすめ