日経メディカルのロゴ画像

BMSとDES、適応外使用にはどちらがよいか
適応外使用の場合にはBMSよりDES

 近年、薬剤溶出ステントDES)の適応外使用と有害事象の発生率上昇との関係を示唆する報告があるが、適応外の場合はベアメタルステントBMS)と比べて有害事象は増えるのか。米国Pittsburgh大学のOscar C. Marroquin氏らは、DESまたはBMSの標準適応または適応外使用を受けた患者を1年間追跡し、BMSに比べDESの適応外使用が死亡または心筋梗塞リスクの上昇をもたらすことはないこと、血行再建術再施行リスクはDESの方が有意に低いことを示した。詳細はNEJM誌2008年1月24日号に報告された。

 著者らは、米国国立心肺血液研究所の登録データから6551人の患者のデータを抽出して分析した。DES(シロリムス溶出ステントとパクリタクセル溶出ステント)のみ、またはBMSのみが適用された患者について、標準適応か適応外使用かを判定のうえ、術後1年間追跡して安全性と有効性を比較した。エンドポイントは全死因死亡、心筋梗塞、血行再建術の再試行(PCIまたはCABG)に設定した。

 適応外使用は、再狭窄病変、バイパスグラフト病変、左冠動脈主幹部の病変、左冠動脈前下行枝入口部の病変、分岐部病変、または完全閉塞病変、病変部前後の対照血管径が2.5mm未満か3.75mm超または病変長が30mm超と定義した。適応外使用は、BMS留置を受けた患者の54.7%(3858人中2110人)、DES留置を受けた患者の48.7%(2693人中1312人)に見られた。

 ベースラインで、BMS群に比べDES群で糖尿病、高血圧、腎疾患の有病率が高く、心筋梗塞歴、冠インターベンションまたは冠動脈バイパス術歴を有する頻度が高く、3枝疾患患者が多かった。

 1年後の時点で、抗血小板薬の2剤併用を継続していた患者の割合はDES群で高かった(71.7%と5.9%、P<0.001)。

 院内死亡と入院中の心筋梗塞発生は全体に少なかったが、標準適応に比べ適応外使用で多かった(院内死亡は0.4%と1.3%、P<0.001、心筋梗塞は1.3%と2.5%、P<0.001)。

この記事を読んでいる人におすすめ