日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
変形性手関節症にプレドニゾロン治療を試す
炎症が強くなった時に短期治療で症状を軽減する使い方

変形性手関節症にプレドニゾロン治療を試すの画像

 オランダLeiden大学医療センターのFeline P B Kroon氏らは、変形性手関節症で指節間関節に疼痛と炎症を起こした患者を対象に、経口プレドニゾロン10mgを6週間投与するランダム化比較試験を行い、プラセボ群に比べ実薬群では疼痛軽減と機能改善が見られたと報告した。結果をLancet誌電子版に2019年11月11日に掲載された。

 変形性手関節症は一般的な関節疾患の1つで、疼痛、障害、QOLの低下などを引き起こすため、疾病負荷は高い。症状を軽減するために非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)が広く用いられているが、高齢者では有害事象のリスクのために使用が制限されることがある。そこで著者らは、手関節に痛みがあり、滑膜に炎症が認められる患者に対する、短期的なプレドニゾロン投与の有効性と安全性を評価するRCTを計画した。

この記事を読んでいる人におすすめ