日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
デュピルマブは重度の慢性鼻副鼻腔炎を改善
ステロイド全身投与や手術後も症状が再発する患者のフェーズ3試験

デュピルマブは重度の慢性鼻副鼻腔炎を改善の画像

 ベルギーGhent大学のClaus Bachert氏らは、鼻茸を伴う重度の慢性鼻副鼻腔炎を繰り返す患者に、標準治療とともにデュピルマブまたはプラセボを投与するフェーズ3試験LIBERTY NP SINUS-24とLIBERTY NP SINUS-52を行い、デュピルマブには症状軽減効果があり有害事象も少なかったと報告した。結果はLancet誌電子版に2019年9月19日に掲載された。

 鼻茸を伴う慢性鼻副鼻腔炎の治療は、鼻腔内ステロイドが第1選択とされるが、症状緩和やポリープサイズ縮小効果は低い。症状が悪化するとステロイドの全身投与が行われ、短期的には有効だが、有害事象のため長期投与は難しい。手術による鼻茸切除も行われるが、基礎にある炎症を抑制しないとポリープが再発して悪循環になる場合も少なくない。

 デュピルマブは、完全ヒトモノクローナル抗体で、2型炎症反応のシグナル伝達で中心的な役割を

この記事を読んでいる人におすすめ