ニュージーランドMedical Research Institute of New ZealandのJo Hardy氏らは、ランダム化比較試験PRACTICALを行い、軽症から中等症の喘息患者の重症増悪の予防法として、低用量ブデソニドの連日投与の代わりに、発作時にブデソニドとホルモテロールを吸入する戦略が有効で、安全性も劣らないと報告した。結果はLancet誌電子版に2019年8月23日に掲載された。

 喘息患者の多くが、軽症または間欠型だ。そうした患者は、日常的には症状がほとんどないが、増悪は発生する。増悪は多くが、低用量ステロイドの吸入により予防が可能だ。しかし、頻度が低いために、患者の服薬遵守は不良になりがちで、担当医も処方しない場合がしばしばある。ゆえに、代替となる増悪予防策が必要と考えられていた。

 喘息の発作時に、即効性を有する長時間作用型β2刺激薬(LABA)とステロイドを吸入する治療は、短時間作用型β2刺激薬(SABA)を使用する場合に比べ、重症増悪のリスクを半減することが知られている。しかし、この治療と吸入ステロイドを用いた維持療法+発作時のSABA吸入を比較した研究では、一貫した結果は得られていなかった。

吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい?の画像

ログインして全文を読む