欧州では、幹細胞移植が可能な新規診断多発性骨髄腫患者に対する標準治療は、寛解誘導療法および地固め療法としてのボルテゾミブサリドマイドデキサメタゾン(VTd)の投与と、自家造血幹細胞移植となっている。フランスUniversity Hospital Hotel-DieuのPhilippe Moreau氏らは、移植前後のVTd療法に

ダラツムマブが多発性骨髄腫の成績を改善の画像

ログインして全文を読む