胃食道逆流症はバレット食道の主な危険因子の1つで、バレット食道は食道腺癌の最大の危険因子だ。英国Morecambe Bay大学病院のJanusz A Z Jankowski氏らは、バレット食道患者を対象に、エソメプラゾールアスピリンの食道腺癌の予防効果を調べるため、4つの群にランダム割り付けして長期追跡する試験を行い、高用量のエソメプラゾールとアスピリンを併用した場合の利益が最も大きかったと報告した。結果は、Lancet誌電子版に2018年7月26日に掲載された。

 胃酸分泌の抑制が、バレット食道や食道腺癌のリスクを低下させることは示唆されているが、バレット食道患者にプ

バレット食道患者にはPPIとアスピリンが有望の画像

ログインして全文を読む