英Oxford大学のPeter M Rothwell氏らは、アスピリンと対照群を比較したランダム化対照試験(RCT)の患者データを用いて、体重で層別化した上で心血管疾患の1次予防と2次予防についてのメタアナリシスを行い、アスピリンの投与量は体重などで調節しなければ最適な予防効果は得られないと報告した。結果はLancet誌電子版に2018年7月12日に掲載された。

 経口投与されたアスピリンの約50%が門脈循環に到達し、一部はアルブミンなどをアセチル化し、残りの一部が全身循環で血小板凝集を抑制すると考えられている。そのため、低用量アスピリンでは、体重の重い人には期待された効果が得られない可能性があり、逆に高用量アスピリンでは体重の軽い人では過剰になり、血管内皮でのプロスタサイクリン産生を阻害する可能性が考えられる。しかし、これまで実施されたRCTでは、低用量または高用量アスピリンと対照群を比較したものばかりで、身長や体重でアス

アスピリンの予防効果は体重の影響を受けるの画像

ログインして全文を読む