健康的な飲酒量のガイドラインは、国によって大きくばらついている。総死亡と心血管イベントのリスクを指標に安全なアルコール摂取量を明らかにしようと考えた英Cambridge大学のAngela W Wood氏らは、総死亡についてはおおよそ100g/週が上限の目安となりそうだが、心血管イベントについては、明瞭な閾値は見いだせなかったと報告した。詳細はLancet誌2018年4月14日号に掲載された。

 米国では、健康へのリスクが少ない飲酒量の上限を、男性が196g/週、女性は98g/週に設定している。カナダとスウェーデンも同様の値を用いている。が、イタリア、ポルトガル、スペインは、米国のおおよそ1.5倍を上限としている一方で、英国は、男性の上限を米国の約半分に設定している。

 そこで著者らは、世界各国で行われているプロスペクティブなコホート研究で、現在飲酒者のアルコール摂取量を定量的に評価している研究データを統合して、総死亡リスクと心血管イベントリスクが最低になる飲酒レベルの分析を試みることにした。現在飲酒者に限定したのは、過去の飲酒者を含めると、過剰飲酒のために健康を害してやむなく禁酒した人や、飲酒量を減らして生活習慣を改

安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下の画像

ログインして全文を読む