肝細胞癌(HCC)でソラフェニブを投与されている間に進行した人々には、レゴラフェニブが次の選択肢になりそうだ。スペインIDIBAPS-Hospital Clinic de BarcelonaのJordi Bruix氏らは、そうしたHCC患者を登録したフェーズ3試験で、レゴラフェニブを投与された患者の全生存期間は、プラセボ群に比べ有意に延長したと報告した。詳細は、Lancet誌電子版に2016年12月5日に掲載された。

レゴラフェニブが肝細胞癌の全生存期間を延長の画像

ログインして全文を読む