Helicobacter pyloriの標準的な3剤併用レジメンの除菌率は、抗菌薬耐性菌の増加により、多くの国で80%未満に低下している。台湾国立大学のJyh-Ming Liou氏らは、第一選択になり得る3種類のレジメンの有効性と安全性を比較するランダム化対照試験を行って、耐性菌対策を考えるとビスマス+ランソプラゾール+テトラサイクリン+メトロニダゾールの4剤を併用するレジメンが第一選択として好ましいと報告した。詳細は、Lancet誌電子版に2016年10月18日に報告された。

ピロリ除菌にはビスマスを含む4剤併用が有用の画像

ログインして全文を読む