米国の医師の50%前後に燃え尽きが認められるという報告もあり、状況は深刻化している。米Mayo ClinicのColin P West氏らは、燃え尽きに対する様々な介入の利益について検討していた研究の系統的レビューとメタアナリシスを行い、個人を対象とする介入も、構造的または組織的な介入も、医師の燃え尽きを減らすのに一定の効果があると報告した。詳細は、Lancet誌電子版に2016年9月28日に掲載された。

医師の燃え尽きは介入で減らせるの画像

ログインして全文を読む