日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
MSの急性増悪、ステロイド療法は経口でもOK
メチルプレドニゾロンの大量パルス療法は経口剤でも点滴投与に劣らぬ効果、COPOUSEP試験で判明

 多発性硬化症(MS)の急性増悪時には、標準治療として、メチルプレドニゾロンの大量点滴パルス療法が実施される。このステロイドの大量投与方法として、経口投与が静脈内投与に劣らない治療効果を示すことが分かった。

この記事を読んでいる人におすすめ