日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
小児入院患者への維持輸液は低張液より等張液を
低ナトリウム血症リスクが減少、単一施設でのRCTより

 入院中の小児患者への維持輸液には低張電解質輸液よりも等張電解質輸液を用いた方が低ナトリウム血症リスクは低いことがランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。オーストラリアRoyal Children's HospitalのSarah McNab氏らが、Lancet誌電子版に2014年12月1日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ