日経メディカルのロゴ画像

Lancet Infectious Disease誌から
米国で生じたA型肝炎流行は輸入食品が原因
感染源の同定から感染予防策の実施までの詳細が明らかに

 2013年に米国における複数の州で発生したA型肝炎のアウトブレイクは、トルコから輸入された冷凍フルーツが原因であり、そのアウトブレイクがどのように発生し、それに対する公衆衛生当局の対応の詳細が明らかになった。米疾病対策センター(CDC)のMelissa G Collier氏らが、Lancet Infectious Disease誌電子版に2014年9月4日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ