日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
鳥インフルA/H10N8死亡例の詳細が明らかに
中国南昌市で発症、遺伝子再集合で毒性アップの可能性

 2013年11月末に、鳥インフルエンザA/H10N8ウイルスに感染し、発症から9日目に死亡した症例の臨床情報と疫学・ウイルス学的な解析の結果が明らかになった。この症例は、中国南昌市の73歳女性。中国南昌市Disease Control and PreventionのHaiYing Chen氏らが、Lancet誌電子版に2014年2月5日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ