日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
早期RAでは疾患活動性低下を目指した治療戦略が有効
生物学的製剤は寛解導入後に中止可能、OPTIMA試験の結果

早期関節リウマチ(RA)の治療では、欧州リウマチ学会(EULAR)が推奨する疾患活動性の維持を目指して治療内容を調節する(Treat to Target[T2T])戦略が妥当であることが、ランダム化比較試験(RCT)OPTIMAの結果として示された。オーストリアVienna大のJosef S Smolen氏らが、Lancet誌電子版に2013年10月26日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ