日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
統合失調症治療薬の有効性と安全性に差はあるか
RCTのデータを用いたメタ解析で15剤を比較

 統合失調症の治療には、どの抗精神病薬が最も有効で安全なのか。独Munchen工科大学のStefan Leucht氏らは、抗精神病薬をプラセボなどと比較したランダム化比較試験(RCT)のデータを用いてmultiple-treatments meta-analysis(ネットワークメタ解析と同義)を行い、15剤の抗精神病薬をプラセボと比較した有効性と安全性に基づいて順位を付けた。これらの薬剤の有効性には小さいが有意差が認められ、有害事象のプロファイルはさまざまだった。論文は、Lancet誌電子版に2013年6月27日に掲載された。

 統合失調症の治療薬の選択肢は多いが、直接比較されていない薬剤の組み合わせは少なくない。著者らは、第1世代の抗精神病薬2剤(ハロペリドールクロルプロマジン)と第2世代の13剤について、それぞれ単剤で統合失調症の治療に用いた場合の有効性と、主要な有害事象の発生率などを比較し、好ましいものから順位を付けようと考えた。そこで、利用可能なRCT由来のデータを抽出、統合し、ベイズ推定の枠組みを用いたメタ解析を実施した。

 コクラン統合失調症グループの臨床試験登録、Medline、Embase、コクランセントラル、ClinicalTrials.govに登録されており、12年9月1日までに報告された研究の中から、統合失調症または関連疾患(統合失調感情障害、統合失調症様障害、妄想性障害)の急性期の患者を対象に行われた、盲検化されたRCTを選出。陰性症状が主な患者、併存疾患を有する患者、治療抵抗性の患者、安定期の患者を対象とした研究は除外した。

 主要転帰は有効性とし、陽性陰性症状評価尺度(Positive and Negative Syndrome Scale;PANSS、スコアが低いほど軽症)を用いて、ベースラインからの全般的な症状の変化を比較した。PANSSによる評価を行っていなかった研究については、簡易精神症状評価尺度(Brief Psychiatric Rating Scale;BPRS、スコアが低いほど軽症)の変化を比較した。2次評価指標として、あらゆる原因による治療中止、体重増加錐体外路症状の発現(パーキンソン病治療薬の使用を指標として用いる)、血中プロラクチン濃度の上昇、QT延長、有害事象としての鎮静について検討。急性期治療の期間は6週を標準とし、6週時点の評価値を収集した。入手できなかった研究については、4~12週時の評価のうち、6週に最も近い時点の数値を分析に用いた。

 条件を満たした研究は、1955年10月~2012年9月に212件あり、4万3049人の患者に関するデータが得られた。患者の平均年齢は38.4歳、統合失調症歴は平均12.4年だった。13件が単盲検試験、残りの199件は二重盲検試験だった。

 15剤全てがプラセボに比べて有意な効果を示していた。有効性の評価尺度の標準化平均差(平均の差を標準偏差で除した値)は、クロザピンが-0.88(95%信頼区間-1.03から-0.73)でプラセボに比べて効果が最も高く、amisulprideが-0.66(-0.78から-0.53)、オランザピンが-0.59(-0.65から-0.53)、リスペリドンが-0.56(-0.63から-0.50)、パリペリドンは-0.50(-0.60から-0.39)、ゾテピンが-0.49(-0.66から-0.31)、ハロペリドールが-0.45(-0.51から-0.39)、クエチアピンが-0.44(-0.52から-0.35)、アリピプラゾールは-0.43(-0.52から-0.34)、sertindoleは-0.39(-0.52から-0.26)、ziprasidoneは-0.39(-0.49から-0.30)、クロルプロマジンは-0.38(-0.54から-0.23)、asenapineは-0.38(-0.51から-0.25)、lurasidoneは-0.33(-0.45から-0.21)と徐々に差は小さくなった。プラセボと比較した効果が最も小さかったのはiloperidoneで、標準化平均差は-0.33(-0.43から-0.22)だった。

この記事を読んでいる人におすすめ