日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
植物状態の患者の意識を脳波検査で検出

 植物状態と診断された患者に機能MRI(fMRI)検査を行うと、最小意識状態またはそれ以上の意識を持っているかどうかを同定することができる。カナダWestern Ontario大学のDamian Cruse氏らは、MRIより簡単な脳波測定でも、そうした意識の存在を検出できることを、Lancet誌電子版に2011年11月10日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ