日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
CKD患者でもLDL-c降下薬はイベントリスクを低減
9000人超を対象とした無作為化試験SHARPの結果

 慢性腎臓病CKD)患者にスタチンを投与すると、CKDではない患者と同様に心血管リスクが低下するのだろうか。この疑問に基づき無作為化試験を行った英Oxford大学のColin Baigent氏らは、進行したCKD患者にシンバスタチンエゼチミブを投与してLDL-コレステロール(LDL-c)値を低下させる治療は安全で、アテローム性動脈硬化イベントを有意に減らせることを明らかにした。論文は、Lancet誌2011年6月25日号に掲載された。

 腎疾患のない人々においては、スタチンを投与してLDL-c値を下げると心筋梗塞、虚血性脳卒中のリスクが低下し、冠動脈血行再建術の必要性も下がることが示されている。だが、心血管リスクが上昇している中等症から重症のCKD患者にも同様の利益が見られるかどうかは不明だった。

 今回行われた二重盲検無作為化試験SHARPは、そうしたCKD患者に対するシンバスタチンとエゼチミブの併用の有効性と安全性を評価することを目的として行われた。

 著者らは、腎機能が低下している患者に高用量のスタチンを投与すると筋障害リスクが上昇するという報告に基づき、低用量のスタチンでLDL-cを約1mmol/L下げることを目標として、介入群にはシンバスタチン20mg/日とエゼチミブ10mg/日を併用した。

 心筋梗塞および冠動脈血行再建術を経験していない40歳以上のCKD患者で、これまでに検査で1回以上、血清クレアチニンまたは血漿クレアチニンが、男性で150μmol/L(1.7mg/dL )以上、女性では130μmol/L(1.5mg/dL)以上になった人々9270人(平均年齢62歳)を登録。うち3023人は維持透析を受けていた。

 この試験は当初、シンバスタチン+エゼチミブ、シンバスタチン、偽薬の3通りの治療に患者を割り付けたが、1年経過した時点でシンバスタチン群の患者をシンバスタチン掲載エゼチミブまたは偽薬に再割り付けしていた。結果的に、4650人がシンバスタチン掲載エゼチミブ(介入群)、4620人が偽薬(対照群)の投与を受けた。

 評価指標は初回の主要なアテローム性動脈硬化イベント(非致死的心筋梗塞、冠疾患死亡、非出血性脳卒中、あらゆる動脈血行再建術)とした。分析はintention-to-treatで行った。

 ベースラインで23%が糖尿病で、15%に狭心症、脳卒中、末梢血管疾患などの血管疾患歴があった。ベースラインのLDL-c値は2.8mmol/Lだった。

 追跡期間は4.9年(中央値)になった。

この記事を読んでいる人におすすめ