日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
外傷患者へのトラネキサム酸投与は早いほど出血による死亡が減少

 外傷患者にトラネキサム酸を投与すると全死因死亡が減ることを示したCRASH-2試験の結果をさらに分析した論文が、Lancet誌2011年3月26日号に掲載された。トラネキサム酸は、出血による死亡のリスクを有意に低減すること、効果は受傷から投与開始までの時間が短いほど大きいこと、3時間を超えてからの投与は逆にリスク上昇をもたらす危険性があることが明らかになった。

 CRASH-2試験の目的は、相当量の出血がある外傷患者に対するトラネキサム酸早期投与の、死亡、閉塞性血管イベント、輸血への影響を評価することにあった。得られた結果は、偽薬に比べトラネキサム酸は、閉塞性血管イベントを増やすことなく全死因死亡を有意に減らせることを示した(相対リスクは0.91、95%信頼区間0.85-0.97、P=0.035)(参考記事)。

 トラネキサム酸は抗線維素溶解作用を通じて死亡リスクを低減するのではないかと考えた著者らは、今回新たに、出血に起因する死亡に対するトラネキサム酸の影響を評価する分析を行った。

 CRASH-2試験は40カ国の274施設で行われた。相当量の出血がある(収縮期血圧が90mmHg未満または心拍数が110/分超、もしくはこれら両方)、または大出血のリスクがあるとみなされた成人患者2万211人を登録。外傷発生から8時間以内に、トラネキサム酸(最初に1gを10分で投与し、続いて1gを8時間かけて注入、1万96人)または偽薬(1万115人)に無作為に割り付けた。

 今回の主要アウトカム評価指標は出血による死亡とし、分析はintention-to-treatで行った。

 分析対象になったのはトラネキサム酸群の1万60人と偽薬群の1万67人。出血による死亡は計1063人(死者全体の35%)だった。内訳は、トラネキサム酸群1万60人中489人(4.9%)と偽薬群1万67人中574人(5.7%)で、相対リスクは0.85(0.76-0.96、P=0.0077)と有意なリスク低下を示した。

 著者らは、患者を外傷から治療開始までの時間(1時間以内、1~3時間、3時間超)に基づいて層別化して分析し、トラネキサム酸の死亡リスク低減効果は外傷から治療開始までの時間が短いほど大きいことを示す強力なエビデンスを得た(交互作用のP<0.0001)。

 外傷から1時間以内の治療開始による効果は有意だった。出血による死亡はトラネキサム酸群の5.3%(3747人中198人)、偽薬群では7.7%(3704人中286人)で、相対リスクは0.68(0.57-0.82、P<0.0001)。

 外傷から1時間を超えて3時間以内に治療を開始した患者でも、出血による死亡はトラネキサム酸群4.8%(3037人中147人)、偽薬群6.1%(2996人中184人)で、相対リスクは0.79(0.64-0.97、P=0.03)と有意差を示した。

この記事を読んでいる人におすすめ