日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
PCI後のクロピド倍量投与でイベント抑制効果高まる
CURRENT-OASIS 7試験の結果その1

 急性冠症候群で経皮的冠インターベンション(PCI)を受けた患者の心血管イベント、ステント血栓症、出血などを予防するには、クロピドグレル標準用量と2倍量、アスピリン低用量と高用量のどれが最も好ましいのだろうか。この4通りの薬物治療の影響を比較したカナダMcMaster大学のShamir R. Mehta氏らは、2倍量のクロピドグレルの適用が好ましいことを示唆する結果を得た。論文は、Lancet誌電子版に2010年9月1日に掲載された。

 抗血小板薬のクロピドグレルとアスピリンは、PCIを受ける患者の血栓性合併症予防を目的として広く用いられている。近年、急性冠症候群の患者への早期PCI適用が増えたため、より早くより強力に作用する抗血小板レジメンの確立が求められている。

 著者らは、2通りの用量のクロピドグレルと2通りの用量のアスピリンが、PCIを受ける急性冠症候群患者(ST上昇の有無は問わない)の主要な心血管イベントやステント血栓症のリスクに及ぼす影響を評価する、2×2ファクトリアルデザインのCURRENT-OASIS 7試験を計画。06年6月から09年7月まで、39カ国の597施設で実施した。

 2万5086人の患者を登録し、1万2520人を2倍量のクロピドグレル(600mgを負荷用量とし、2~7日は150mg、それ以降は75mg/日)、1万2566人を標準用量のクロピドグレル(300mgを負荷用量とし、2日目以降は75mg/日)に割り付けた。

 登録患者全員についてアスピリンの負荷用量を300mg以上とした上で、クロピドグレル2倍量群のうち6253人、標準用量群のうち6254人を高用量アスピリン(300~325mg/日)に、2倍量群の残り6267人、標準用量群の残り6312人を低用量アスピリン(75~100mg/日)に割り付けた。

 他の抗凝固薬、GP IIb/IIIa拮抗薬、スタチンなどの処方は担当医の判断に任せた。

 主要アウトカム評価指標は、30日以内の心血管死亡、心筋梗塞、または脳卒中を合わせた複合イベントに設定。2次評価指標は、複合イベント+虚血再発、この複合イベントを構成する個々のイベント、ステント血栓症とした。分析はintention-to-treatで行った。

 割り付けられた患者のうち、7823人はPCIを受けなかった。割り付けからPCIまでの時間の中央値は、ST上昇急性心筋梗塞患者で0.5時間、非ST上昇患者では3.2時間だった。

 PCIでステント留置を受けたのは1万6323人(95%)、うち42%に薬剤溶出ステント、58%にベアメタルステントが適用された。

 実際にPCIを受けた患者の中で、2倍量クロピドグレル+高用量アスピリンを投与されたのは4298人、30日の追跡を終えたのは4296人だった。2倍量のクロピドグレル+低用量アスピリンを投与されたのは4262人で、追跡完了は4262人。標準用量のクロピドグレル+高用量アスピリンは4326人、追跡完了は4326人、標準用量のクロピドグレル+低用量アスピリンは4377人、追跡完了は4376人だった。

この記事を読んでいる人におすすめ