日経メディカルのロゴ画像

Lancet Infect Dis誌より
極めて強力な多剤耐性腸内細菌がインド、英国に拡大
インド亜大陸で入院歴のある渡航者からの分離目立つ

 発見されて間もない薬剤耐性遺伝子「NDM-1」を保有し、ほとんどの抗菌薬に強い耐性を示す腸内細菌の感染が、インド亜大陸から欧州に広がっていることが分かった。インドMadras大学のKarthikeyan K Kumarasamy氏らが、Lancet Infectious Disease誌電子版に2010年8月11日に報告した。著者らは「プラスミド上に存在し容易に接合伝達されるNDM-1遺伝子は、公衆衛生上、世界的な問題になる危険性が明らかであり、国際的な監視が必要だ」と述べるとともに、近年盛んなメディカルツーリズムが感染拡大を加速させる危険性を指摘している。

 近年、グラム陰性細菌による薬剤耐性獲得が増加しているが、その主な理由は、耐性遺伝子が乗ったプラスミドが様々な細菌に拡散していること、飛行機を利用した人の移動が増加していることだと考えられている。ひとたび登場すれば、耐性菌株のクローンは国境や大陸を超えて急速に広まっていく。

 著者らは09年、インドのニューデリーを訪れ、多剤耐性を示すKlebsiella pneumoniaeに感染したスウェーデン人の患者から、βラクタム系抗菌薬に対する幅広い耐性を細菌に付与するNew Delhi metallo-β-lactamase(NDM-1)遺伝子(blaNDM-1)を持ち、耐性菌治療の最終兵器と見られているカルバペネムにも耐性を示すグラム陰性の腸内細菌を分離した。

 そこで今回、著者らは、NDM-1遺伝子を有する多剤耐性腸内細菌の存在を主にインド英国で調べた。

 南インドのチェンナイと北インドのハリヤナで分離された腸内細菌と、03~09年に英国内で分離され、英国立リファレンス研究所(National Reference Laboratory)に薬剤耐性の評価を求められた株を対象に、PCRを行ってNDM-1遺伝子の存否を調べ、抗菌薬感受性を評価した。分離菌株間の遺伝的相同性はパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)により分析。接合伝達能力は、in vitroで大腸菌株J53を用いて確認した。英国の症例については、インドまたはパキスタンへの渡航歴と現地での入院歴を調べた。

 カルバペネム耐性腸内細菌は、チェンナイで09年に分離された細菌株3521株の4%(141株)を占めていた。内訳は、Escherichia coliが75株、Klebsiella属が60株、その他の腸内細菌が6株。うち44株(耐性菌全体の1%弱。内訳はE. coliが19株、K. pneumoniaeが14株など)がNDM-1遺伝子を持っていた。同じ時期にハリヤナで分離されたカルバペネム耐性株は47株(198分離株中の24%)、うち26株(13%)はNDM-1陽性(すべてK. pneumoniae)だった。これらの細菌株は主に、市中獲得型の尿路感染症、肺炎、血流感染の患者から分離されていた。

この記事を読んでいる人におすすめ