日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
高血圧患者の血管リスク予測には血圧変動の方が重要か
変動幅縮小効果に優れているのはCa拮抗薬

 高血圧患者における心血管イベントリスク上昇と、降圧薬を用いた治療によるリスク低減を予測するために、現在用いられているのは通常血圧という概念だ。この概念に、英John Radcliffe病院のPeter M Rothwell氏は異論を唱えた。脳卒中の場合、受診ごとに測定した血圧の変動が大きいほどイベント発生リスクは大きく、血圧を安定化する降圧薬を用いると脳卒中リスクが低減したという。Rothwell氏を含む研究グループが報告した2本の論文と共に、同氏自身の手によるレビューがLancet誌2010年3月13日号に掲載された。

 高血圧を放置すれば、臓器障害と血管イベントが発生する。そうした血管イベントリスクと降圧薬の利益は通常血圧を用いて説明できる、という考え方が現在一般的で、ほとんどの高血圧診断治療ガイドラインがこの説を支持している。それ以外の測定値、すなわち外来血圧の変動や到達し得る最大血圧などは軽視されており、降圧薬がそれら測定値に及ぼす影響はほとんどわかっていない。また、ガイドラインは、一過性と思われる高血圧に対する治療を推奨しておらず、治療中の高血圧患者の血圧変動に潜在するリスクに注意は払われていない。

 Rothwell氏は、こうした「通常血圧仮説」には問題があると考え、2件の研究(いずれもLancet誌同号に掲載)を行って、血管イベントリスクの予測における血圧変動の重要性と、変動幅の縮小を目指す降圧治療の利益を明らかにした。

 まず、通常血圧が、血管イベントリスクの大きさを示し、治療の効果を評価するために有用であるという仮説について、通常血圧の定義自体に疑問を呈した。現時点では、例えば、外来血圧をそれぞれ別の機会に7~10回以上測定し、それらの平均値を通常血圧とするといった定義が用いられている。

 だが、個人の血圧変動は、分単位から数カ月単位までの期間に、様々な形で発生する。

 Rothwell氏らは、1本目の論文で、2件の臨床試験の結果を分析することにより、受診ごとの収縮期血圧の変動と、到達し得る最大血圧が、通常血圧とは無関係に脳卒中を強力に予測できることを示した。また、降圧治療を受けている患者においても、受診ごとの血圧変動は、脳卒中と冠イベントの強力な予測因子だった。受診時の変動の方が24時間血圧の変動よりリスク予測能力が高かった。

この記事を読んでいる人におすすめ