日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
スタチン使用で糖尿病リスクが9%上昇
13件の無作為化試験のメタ分析の結果

 スタチン使用により糖尿病リスクが9%上昇することが、13件の無作為化試験のメタ分析で明らかになった。英Glasgow大学のNaveed Sattar氏らがLancet誌電子版に2010年2月17日に報告した。

 これまで、スタチンの有効性と忍容性、安全性は高いと認識されてきた。だが近年、スタチンの使用と糖尿病発症の関係が懸念されている。JUPITER試験(関連記事はこちら)をはじめとする複数の大規模無作為化試験で、スタチン投与群における糖尿病リスク上昇が示されたためだ。

 そこで著者らは、スタチン使用と糖尿病発症の関係を明らかにするため、メタ分析を行うことにした。公表された情報のみならず、研究者から直接得た未発表の情報も分析対象にした。

 Medline、Embase、コクランセントラルに1994~2009年に登録された、スタチンに関する無作為化試験を抽出。対照群に標準治療または偽薬が用いられており、登録者数が1000人を超え、介入群、対照群ともに1年超追跡していた研究を選んだ。ベースラインで糖尿病だった患者、臓器移植を受けた患者、血液透析を受けている患者などを組み込んでいた研究は除外した。

 ランダムエフェクトモデルを用いて糖尿病罹患リスクを推定した。

 条件を満たしたのは13件の研究で、9万1140人を登録していた。うち2件はスタチンと糖尿病リスクの関係を示した試験だった。JUPITER試験はオッズ比1.26(1.04-1.51)、PROSPERはオッズ比1.32(1.03-1.69)と報告している。

 13件の研究の追跡期間の平均は4年で、その間に4278人が糖尿病を発症。2226人がスタチン群、2052人が対照群だった。

 対照群と比較したスタチン群の糖尿病のオッズ比は1.09(95%信頼区間1.02-1.17)で、スタチン治療は糖尿病罹患リスクを9%上昇させることが示された。スタチンの4年間の使用は、255人(150人-852人)に1人の割合で過剰な糖尿病患者を生んでいた。1000人-年当たりの糖尿病発症率は、スタチン群が12.23、対照群は11.25となった。

 親水性スタチンを用いた研究と親油性スタチンを用いた研究の糖尿病リスクはほぼ同様だった。

この記事を読んでいる人におすすめ