日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
抗血栓薬の併用は心筋梗塞後の出血リスクを高める
アスピリン単剤に比べ、クロピドグレル+ビタミンK拮抗薬の出血リスクは3.5倍

 急性心筋梗塞後の患者には、虚血イベントの再発予防を目的に抗血栓薬が投与される。デンマーク・Copenhagen大学Gentofte病院のRikke Sorensen氏らは、国家レベルの患者登録などを利用して、実際に処方された抗血栓薬の種類と出血による入院の関係を調べた。この結果、アスピリンを単剤で用いた患者に比べ、クロピドグレルとビタミンK拮抗薬を併用した患者とこれら3剤を併用した患者では、出血による入院リスクは3.5倍から4倍になることを明らかにした。詳細は、Lancet誌2009年12月12日号に報告された。

 心筋梗塞後にはアスピリンクロピドグレルの処方が推奨されているが、一部の患者にはビタミンK拮抗薬も用いられる。抗血栓薬の長期的な投与と複数の抗血栓薬の併用は出血リスクの上昇をもたらす危険性があるが、現在のところ、併用した場合の安全性に関するデータはほとんどない。

 著者らは、医療現場で用いられる抗血栓薬の組み合わせが致死的または非致死的出血のリスクにどのような影響を及ぼすか、またどの組み合わせが最も安全なのかを明らかにしようと考えた。

 デンマークの国家レベルの患者登録から、30歳以上で2000~05年に初回心筋梗塞で入院し、退院から90日以内にアスピリン、クロピドグレル、ビタミンK拮抗薬の処方を受けていた4万812人の患者を同定。同国の医薬品統計登録から抽出した、退院時に処方され調剤された薬剤に関する情報に基づいて、抗血栓療法を以下のように分類した(人数は最初にその処方を適用された患者の数)。

 アスピリン単剤(1万8763人)、クロピドグレル単剤(7250人)、ビタミンK拮抗薬単剤(1320人)、アスピリン+クロピドグレル併用(1万2219人)、アスピリン+ビタミンK拮抗薬併用(749人)、クロピドグレル+ビタミンK拮抗薬併用(196人)、これら3剤を併用(315人)。

 試験期間中に処方薬が変更になる患者が多かったため(例えばアスピリンの単剤処方を受けた期間があった患者の総数は3万6006人)、薬剤に対する曝露は時間変動変数として扱った。

 主要アウトカム評価指標は、これらレジメンが出血による入院リスクに及ぼす影響に設定。入院年度、年齢、性別、併存疾患、他剤の併用(β遮断薬、ACE阻害薬/アンジオテンシンII受容体拮抗薬〔ARB〕、スタチンなど)、出血前のPCI施行の有無などで調整し、アスピリン単剤投与を受けたグループを参照群として、Cox比例ハザード分析を行った。

この記事を読んでいる人におすすめ