日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
2型糖尿病発症の3~6年前に血糖値の変化が始まる

 2型糖尿病を発症する人々は、発症前のどの時点から、空腹時血糖値、糖負荷後血糖値、インスリン感受性、インスリン分泌の変化が始まっているのだろうか。この疑問を検証するため、前向きコホート研究のデータを分析した英国London大学のAdam G Tabak氏らは、発症の3~6年前からそれらの値が急激に変化することを明らかにした。詳細は、Lancet誌2009年6月27日号に報告された。

 2型糖尿病発症前のどの時期に糖代謝が変化し始めるのかについては、これまでほとんど分かっていなかった。著者らは、より正確なリスク予測に役立つ情報を得たいと考えて、前向きコホート研究Whitehall IIのデータを分析した。

 この研究は、ベースラインで糖尿病ではない35~55歳の英国の公務員6538人(71%が男性、91%が白人)を、1985年8月から88年4月にかけて登録。中央値9.7年の追跡期間中に505人が糖尿病(空腹時血糖値が7.0mmol/L以上、または75g糖負荷後2時間血糖値11.1mmol/L以上)と診断されていた。

 著者らは、これらの人々について、発症前最高13年間の空腹時血糖、糖負荷後2時間血糖値、インスリン感受性指標のHOMA2-%S、β細胞機能を示すHOMA2-%Bの変化を後ろ向きに調べた(HOMAの計算には英国Oxford大学DTUのHOMA calculatorを使用:こちらから利用可能)。

 比較の対象となる、糖尿病を発症しなかった人々6033人については、追跡期間終了までの間のこれらの値の変化を評価した。

 糖尿病発症者と非糖尿病患者の平均年齢に差はなかった。糖尿病患者には非白人が多く、BMI値は高かった。また、糖尿病患者の方が、ベースラインの空腹時血糖値と負荷後血糖値、インスリン値、HOMA2-%Bは高く、HOMA2-%Sは低かった(すべてp<0.0001)。

この記事を読んでいる人におすすめ