日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
低用量アスピリンの1次予防効果は限定的
メタ分析の結果、出血リスク上昇に優る利益は見られず

 閉塞性の血管疾患の既往がある人々に、2次予防を目的として低用量アスピリンを投与する方法は、利益がリスクを上回ることが示されている。しかし、1次予防を目的とする投与の利益とリスクのバランスは明らかではない。国際的なAntithrombotic Trialists'(ATT)Collaborationの研究者たちは、質の高いメタ分析を行い、1次予防においては絶対リスクの減少幅は小さく、出血リスクの上昇に優る利益は見られないことを明らかにした。詳細は、Lancet誌2009年5月30日号に報告された。

 これまでにも1次予防におけるアスピリンの影響を評価するメタ分析は行われていたが、個々の患者のデータを集めて分析した研究はなかった。そこで著者らは、アスピリン投与群と、アスピリンを含む抗血小板薬を投与しないグループの血管イベントと出血イベントについて比較した無作為化研究を選出。それぞれの主任研究者に協力を求めて個々の患者データを入手し、より質の高いメタ分析を行うことにした。

 閉塞性疾患歴がなく、糖尿病ではない1000人以上の人々を対象に、低用量アスピリンを2年以上投与して長期的な一次予防効果を評価した6件の無作為化試験を対象に、重篤な血管イベントと大出血について分析した。重篤な血管イベントは、冠イベント(非致死的心筋梗塞、冠疾患死亡)、脳卒中(非致死的脳卒中、脳卒中死亡)、その他の血管疾患死亡とした。

 出血リスクの分析は、頭蓋外の大出血(主に消化管出血で、輸血が必要または死に至るイベント)を対象に行った。

 初回イベントに関するデータを収集し、intention-to-treatで分析した。

 血管イベントリスクの低い9万5000人を66万人-年追跡したところ、3554人に重篤な血管イベントが見られた。

 アスピリン投与群では、33万人-年の追跡で1671人に重篤な血管イベントが発生。対照群では、33万人-年の追跡で1883人がイベントを経験した。年間のイベント発生率は、アスピリン群0.51%、対照群0.57%で、絶対リスクの減少は0.07%と小さかった。イベント発生率比は0.88(95%信頼区間0.82-0.94、p=0.0001)で、アスピリン投与による12%の相対リスク減少が見られた。このレベルのリスク減少は、サブグループ間でも一貫して見られた。男女間に差は見られなかった。

 これらのイベントの内訳を見ると、冠イベントは0.28%と0.34%で、率比は0.82(0.75-0.90、p<0.0001)。アスピリン群において18%のリスク減少が示されたが、絶対リスク減少は0.06%にすぎなかった。

 両群の差は、主に非致死的心筋梗塞で顕著だった。それぞれ0.18%と0.23%で、率比0.77(0.67-0.89、p<0.0001)。冠疾患死亡は0.11%と0.12%で、率比0.95(0.78-1.15、p=0.5)と差がなかった。

 脳卒中に対する利益は有意ではなかった(0.20%と0.21%、p=0.4)。出血性脳卒中(0.04%と0.03%、p=0.05)とその他の脳卒中(0.16%と0.18%、p=0.08)についても差は見られなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ