日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
乳幼児突然死への細菌感染の関与は大きくない
ただし原因不明群でS.aureusとE.coliの検出率が高い

 生後1年未満の乳幼児の予期せぬ突然死SUDI)例の剖検結果を分析し、病原細菌の感染が死に関係しているかどうか調べた結果、細菌感染のSUDIへの関与はさほど大きくないことが示唆された。英国London大学Great Ormond Street小児病院のMartin Weber氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年5月31日号に掲載された。

 何十年もの間、SUDIと細菌感染の関係が疑われてきたが、SUDIの原因と機序はいまだに明らかになっていなかった。イングランドとウェールズでは、SUDIは生後1年までの乳児の主な死因の一つになっている。2005年には268人がSUDIと判定された。これは出生児1000人当たり0.41人に相当する。

 イングランドとウェールズではSUDIケースの約半数に、細菌検査用の標本採取も含む詳細な剖検が実施されてきた。著者らは、細菌の感染がSUDIの原因の一つとして重要であるかどうかを調べるために、剖検例の系統的後ろ向きレビューを行った。

 対象となったのは、小児患者の剖検を専門的に行っている英Great Ormond Street小児病院で、1996~2005年に行われた剖検例546件。すべて生後7日から365日までの間に予期せぬ突然死を迎え、死亡時にSUDIと判定された乳幼児だった。剖検は死亡から3日(中央値)後に行われていた。

 著者らは、通常の剖検の結果を基に、SUDI例を以下の3群に分類した。
1)死因不明:細菌培養を除く剖検の結果が特定の死因を示さなかったもの
2)感染性の死因:剖検で組織学的に細菌感染が確認され、これが原因と説明されたケースで、感染が死をもたらしたと見なすに十分なエビデンスが見付かったもの
3)非感染性の死因:先天性心疾患、頭部損傷、その他の事故などによる死であることが明確で、感染以外が原因と説明されたもの

 細菌分離のための標本採取は、剖検の際に日常的に行われた。心内血、脳脊髄液、肺、脾臓と、ケースごとに指示された部位からの採取を実施していた。

 それらの標本から細菌を分離し、以下の3群に分けた。
1)非病原体
2)グループ1病原体:患者の血液中に検出された場合に識別可能な感染病巣の存在が疑われる細菌。C群β型溶血性連鎖球菌大腸菌カンジダ腸球菌クレブシェラサルモネラ緑膿菌セラチアなど
3)グループ2病原体:明確な感染病巣なしに敗血症または死を引き起こす細菌。B群β型溶血性連鎖球菌E.coliH influenzae bListeria monocytogenes黄色ブドウ球菌など

 546人のSUIDケースのうち、ウイルスまたはニューモシスティスの感染があったケースと、初回循環虚脱と蘇生の後で2次的な細菌感染症を発症したケース(計39例)は今回の分析から除外した。

 残った507症例に対し、剖検結果を基に判定された死因は、379例が原因不明、72例が非感染性、56例が感染性だった。

この記事を読んでいる人におすすめ