日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
トシリズマブは中症~重症の活動性RAにも有効
国際的なフェーズ3試験の結果より

 ヒト化抗ヒトIL-6受容体モノクローナル抗体製剤トシリズマブ(製品名:アクテムラ)が、中症から重症の活動性関節リウマチRA)の徴候と症状を迅速かつ有意に改善することが、国際的なフェーズ3試験(OPTION試験)で示唆された。オーストリアVienna医科大学のJosef S Smolen氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年3月22日号に掲載された。

 トシリズマブは、日本で創薬された抗体医薬の第1号で、承認も日本で先行している。二重盲検の無作為化並行群間試験は、トシリズマブの国際的な開発を共同で進めているRoche社と中外製薬の後援を得て、17カ国73施設で行われた。

 患者登録は2005年2月16日から2006年11月13日。発症から6カ月を超えており、12週以上のメトトレキサート投与に十分に反応しなかった中症から重症の活動性RAの患者623人を登録した。腫脹関節数が6以上、疼痛関節数が8以上で、C反応性蛋白質(CRP)が10mg/L超または血沈(ESR)が28mm/時超の患者を活動性とした。

 トシリズマブ8mg/kg(250人、平均年齢50.8歳)、同4mg/kg(214人、51.4歳)、プラセボ(204人、50.6歳)に無作為に割り付け、4週ごとに静注。メトトレキサート10~25mg/週(試験開始前の用量を継続)は全員に投与した。メトトレキサートの毒性を最小に押さえるために、全員に葉酸を投与した。

 また、16週までに疼痛関節数と腫脹関節数に20%以上の改善が見られない患者に対し、救済治療としてそれ以降トシリズマブ8mg/kgなどを投与することを認めた。実際に救済治療が適用されたのは、8mg群19人、4mg群31人、プラセボ群は68人だった。

 治療を完了したのは、8mg群191人(うち18人は16週以降救済治療を受けた)、4mg群186人(救済治療適用は28人)、プラセボ群189人(救済治療適用は65人)。脱落者はトシリズマブの投与を受けた患者に多く、主な原因は有害事象だった。

 主要エンドポイントは、24週時に米国リウマチ学会(ACR)の評価基準による20%以上の改善(ACR20)を達成した患者の割合に設定した。2次エンドポイントは、24週時のACR50、ACR70達成者の割合、ベースラインから24週時までの疾病活動性スコア(DAS28)の変化などとした。分析はintention-to-treatで行った。

 4mg群に割り付けられたが治療を受けなかった患者1人を除く622人について評価した結果、24週時のACR20達成者は、8mg群で120人(59%)、4mg群では102人(48%)、プラセボ群54人(26%)で、トシリズマブを投与された患者で有意に多かった。オッズ比は、プラセボ群と8mg群を比較すると4.0(95%信頼区間2.6-6.1、P<0.0001)、プラセボ群と4mg群を比較すると2.6(1.7-3.9,P<0.0001)となった。

この記事を読んでいる人におすすめ