日経メディカルのロゴ画像

合成着色料と食品添加物は子供の多動性を高める?

 注意欠損多動性障害ADHD)ではないのに、活動過多、衝動的、注意散漫といった行動特徴を示す子供がいる。英国Southampton大学のDonna McCann氏らは、無作為化二重盲検試験により、合成着色料食品添加物(AFCA)の日常的な摂取が、そうした行動を引き起こす可能性を示した。詳細はLancet誌2007年11月3日号に掲載された。

 30年以上前から、AFCAが子供の行動に影響を与えるとの報告があった。推定される有害事象は、ADHDの患者に見られる症状と重複する。先ごろ行われたメタ分析では、AFCAがADHDの小児の行動に有意な影響を及ぼすことが明らかになっている。AFCAは、ADHDではない普通の子供たちにも影響を与えているのか。著者らは先に、英ワイト島で小規模試験を行い、3歳児に特定の組み合わせの食品添加物を与えると多動性が増すことを示唆する結果を得ていた。そこで今回は、多動性の評価指標を増やすとともに、より年齢の高い8~9歳児に対する影響も調べた。

 負荷飲料として準備したのは、外見も味も全く同じで、含まれるAFCAが異なるミックスAとミックスB、そしてAFCAを含まない飲料(プラセボ)。個々の被験者がすべての飲料を経験するクロスオーバー方式で行った。ミックスAはワイト島研究で用いた組成と同じ。ミックスBは、現在英国の小児が毎日摂取している平均的な量の食品添加物を含むようにし、どちらのミックスにも保存料として使用されている安息香酸ナトリウムを加えた。安息香酸ナトリウムは、ワイト島研究のみならず他の研究によっても多動性への影響が示唆されている。

 3歳用ミックスAの組成は、5mg E110(黄色5号)+2.5mg E122(アゾルビン、日本では指定外着色料)+7.5mg E102(黄色4号)+5mg E124(赤色102号)と45mg E211(安息香酸ナトリウム)。8~9歳用は、個々の色素の量をすべて1.25倍(食物摂取量が3歳児の1.25倍であるため)にし、安息香酸ナトリウムは45mgのままとした。

 3歳用ミックスBの組成は、 7.5mg E110(黄色5号)+7.5mg E122(指定外)+7.5mg E104(指定外)+7.5mg E129(赤色40号)と45mg E211。8~9歳用は、それぞれの色素を15.6mgとし、安息香酸ナトリウムは45mg添加。3歳用のミックスAとBは、小袋の菓子2袋とほぼ同じ量の合成着色料を含む。8歳用ミックスAは、菓子2袋分、ミックスBは菓子4袋分の着色料に相当する。

 対象は、社会経済的状況が広範な集団から選出した3歳児153人と8~9歳児144人。1週間普通の食事を取った後、ミックスに含有される着色料と安息香酸ナトリウムが含まない食事を6週間継続。その後、着色料/安息香酸ナトリウム抜きの食事を継続しながら負荷飲料を毎日摂取。スケジュールは、1週目がプラセボ入り負荷飲料、2、4、6週目に、無作為に割り付けられたミックスA、ミックスB、プラセボ入り負荷飲料のいずれかを摂取。3週目と5週目はプラセボ入り負荷飲料とした。

 

この記事を読んでいる人におすすめ