日経メディカルのロゴ画像

JAMA Psychiatry誌から
ルマテペロンは統合失調症の症状を軽減
新しい作用機序の統合失調症治療薬の臨床試験

 米国Zucker School of Medicine at Hofstra/NorthwellのChristoph U. Correll氏らは、急性増悪を起こした統合失調症患者に、既存の薬とは作用機序が異なるルマテペロントシル酸塩を投与するフェーズ3臨床試験を行い、重度の有害事象を伴うことなく、有意な症状軽減が見られたと報告した。結果はJAMA Psychiatry誌電子版に2020年1月8日に掲載された。

 ルマテペロンは統合失調症治療のために開発された新しい薬で、セロトニン、ドパミン、グルタミン酸による神経伝達を同時に調節する作用があり、他の抗精神病薬の有害事象の原因である標的以外の受容体への作用がないため、安全性が高いことが期待されている。そこで著者らは、ルマテペロンの有効性と安全性を評価するフェーズ3試験を計画した。

 対象は、DSM-5に従って統合失調症と診断された18~60歳の患者で、急性増悪を起こした場合。米国の12施設で参加者を募集し、入院患者のスクリーニングを行った。急性増悪の定義は、Brief Psychiatric Rating Scaleでスコアが40を超え、スコア4以上の陽性症状が2つ以上あり、4週間以内に急性発症した場合とした。また、スクリーニング時点でClinical Global Impression-Severity of Illness(CGI-S)スコアが4以上とした。以前に他の抗精神病薬治療に反応したことがあることも条件とした。ベースラインの重症度は、Positive and Negative Syndrome Scale(陽性・陰性症状評価尺度;PANSS)で評価し、合計スコアが70以上とした。

 条件を満たした患者は1対1対1の割合で、ルマテペロン42mg群(トシル酸塩化合物として60mg)、28mg群(同40mg)、プラセボ群にランダムに割り付けた。参加者はカプセルで提供された割り付け薬を1日1回服用し、4週間継続してもらった。

 主要評価項目は、PANSSの合計スコアのベースラインから28日後までの変化の平均値とし、プラセボとルマテペロンを比較した。副次評価項目は、CGI-Sスコア、PANSSスコアの各項目のサブスケール、Personal and Social Performance(PSP)スコア、Calgary Depression Scale for Schizophrenia、治療期間の有害事象とした。

 2014年11月13日から2015年7月20日までに、630人の患者をスクリーニングし、条件を満たした450人を、42mg群、28mg群、プラセボ群に150人ずつ割り付けた。患者の平均年齢は42.4歳で、77.1%が男性だった。ベースラインのPANSSスコアの平均は89.8点、CGI-Sスコアの平均は4.8点だった。4週間の治療を最後まで継続できたのは366人(81.3%)、4週後の評価を完了したのは359人(79.8%)だった。安全性の評価は449人(99.8%)を対象に、有効性の評価は435人(96.7%)を対象にした。統合失調症と診断されてからの期間は中央値で15.0年だった。

この記事を読んでいる人におすすめ