日経メディカルのロゴ画像

JAMA Network Open誌から
帝王切開は児のASDやADHDのリスク上昇に関連
経腟分娩と比較した系統的レビューとメタアナリシス

帝王切開は児のASDやADHDのリスク上昇に関連の画像

 過去30年間に帝王切開分娩が世界的に増えており、特に、医学的適応のない帝王切開の増加が目立っている。スウェーデンKarolinska InstitutetのTianyang Zhang氏らは、帝王切開での出産と産まれた児の神経発達や精神疾患との関係を調べる系統的レビューとメタアナリシスを行い、帝王切開は自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)のリスク上昇に関連していたと報告した。結果はJAMA Network Open誌電子版に2019年8月28日に掲載された。

 帝王切開分娩は、早期出血、胎児仮死、異常胎位、妊娠高血圧腎症などを伴う出産で母子の死亡率や合併症を防ぐのに役立つ。一方、帝王切開で生まれた児は、肥満、アレルギー、喘息、1型糖尿病、急性リンパ芽急性白血病などのリスクが高いという報告もある。脳の発達に関係する可能性も示唆されているが、精神疾患との関係については明らかではなかった。そこで著者らは、帝王切開が産まれた児の神経系の発達や精神疾患リスクに及ぼす影響について検討するために、系統的レビューとメタアナリシスを行った。

 Ovid MEDLINE、Embase、Web of Science、PsycINFOに

この記事を読んでいる人におすすめ