極端な高温現象(EHEs)の発生頻度が上昇し、持続期間も長くなっている。こうした傾向は、地球温暖化の進行とともに高まると予想されている。米国Maryland大学のRichard V. Remigio氏らは、米国の末期腎疾患(ESRD)患者の入院や死亡記録と気象データを関連づけて、EHEsが患者の入院と死亡リスクを増加させる可能性があると報告した。結果はJAMA Network Open誌電子版に2019年8月9日に掲載された。

 気候変動の影響は、特にヒートアイランド現象が起こりやすい都市部の住民の健康に影響を及ぼすことが考えられる。水分や塩分の過剰摂取を制限されることが多い末期腎疾患患者では、とりわけ熱中症に脆弱であることも予想される。そこで著者らは、米国の3都市(ボストン、フィラデルフィア、ニューヨーク)で血液透析を受けている腎不全患者を対象に、2001年から2012年までの5月から9月の入院記録と死亡記録を調べ、気象データと照合し、EHEsを記録した日に入院や死亡リスクの上昇が見られるかどうかを検討することにした。

 対象は、3都市で23カ所の透析クリニックを運営しているFresenius Kidney Careを受診した患者。米国海洋大気庁

極端に暑い日が透析患者に与える影響の画像

ログインして全文を読む