日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
食道アカラシアの治療成功率が高いのはPOEM
内視鏡的筋層切開術とバルーン拡張術を比較したRCT

食道アカラシアの治療成功率が高いのはPOEMの画像

 オランダAmsterdam大学医療センターのFraukje A. Ponds氏らは、食道アカラシアの標準治療とされているバルーン拡張術と、経口内視鏡的筋層切開術(POEM)の有効性と安全性を比較するランダム化比較試験(RCT)を行い、治療後2年間の追跡で、成功率はPOEMの方が高かったと報告した。結果はJAMA誌2019年7月9日号に掲載された。

 食道アカラシアは、食道の運動障害により食物が食道内に停滞する疾患で、嚥下障害や食物の逆流、胸痛、体重減少などが現れる。治療の選択肢には、薬物療法、内視鏡的治療、外科的治療があるが、侵襲が軽度なため、内視鏡を用いたバルーン拡張術が最も多く行われている。腹腔鏡を用いたHeller筋層切開術は侵襲が大きいことから、主としてバルーン拡張術に反応しない患者に用いられている。

 2009年にアカラシアの治療法として紹介されたPOEMは、腹腔鏡手術より侵襲が低く、回復が早く、成功率も高いと報告されている。しかし、POEMとバルーン拡張術を直接比較した臨床試験データはまだなかったため、著者らは未治療の特発性アカラシア患者を対象に有効性を比較するRCTを計画した。

 試験にはオランダ、ドイツ、イタリア、香

この記事を読んでいる人におすすめ